「ほっ」と。キャンペーン

suzunone

suzunone11.exblog.jp

心あたたかくなるレッスン

a0349852_22162045.jpg
a0349852_22581058.jpg

丸子あかね先生のリズムのほん1巻の巻末に付いているリンゴを使って小さな生徒さんにも
わかりやすく音価の説明をしていました。

使い過ぎで消耗してきたのでアマゾンで「りんご おもちゃ」と検索してみましたら
いいおもちゃに出会いました!
ちゃんと4分の1になりマグネットでぴったりくっつきます。

小さな生徒さんに「四分音符」という名前は難しすぎるので
四分音符はしばらくは「くろぼうちゃん」と教えます。

くろぼうちゃんと教えるとなんだか私までリズムを教えるのが楽しくなったし
生徒さんたちは次の新しい音符や休符は何ていうのかな(*^-^*)と
ワクワクしています。丸子先生のテキストはやっぱりとてもいいです。

a0349852_22452813.jpg
a0349852_22445940.jpg


たくさんの修了証やメダルをブラックボードに貼っています。
みんなどんどんカードを集めてがんばったことが目に見えるように
してみて下さいね。

今日は年中のSちゃんが100曲達成しました!
おめでとう!
左右5本の指が動いてきたので今日は1本指でたてるかな?の勉強をしました。
少しずつ自分でも練習できるようになってきたようです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

先日、ピアノの練習を毎日気持ちよく続ける方法の記事で
毎日のピアノの練習時間を決めること。
と、記事にしました。

15分とか30分という決め方ではなく
もっと具体的に
何時何分~何時何分と決めます。

ピアノが好きな生徒さんややる気に満ち溢れている生徒さんは
決めなくても大丈夫だと思いますが、そんな生徒さんばかりではないので
やはりまず習慣づけが必要だと思います。

今週は家で時間を決めてきた!実行してきた!という生徒さんが多くて
レッスンもいい感じです(*^-^*)

●年長/Kちゃん・・・幼稚園から帰ったらとにかくまずピアノをすることになっています。
●年中/Sちゃん・・・お母さんの手作りでおうちで練習表を作っていただいたようです。自分で練習しています。
●年長/Mちゃん・・・時間になったら自分で練習しています。
●小3/Gくん・・・・デスクマットに練習する時間を貼ってだいたいその通りに練習しています。
●3歳/Cちゃん・・・お母さんといっしょに練習。お母さまはうすこしでもできるようになったらとにかくよく褒めています!と。
●小2/Yちゃん・・・Yとピアノというノートを作って練習しています。
●小6/Yちゃん・・・毎日習い事があっても30分は必ず弾くようにしています。もちろん時間を決めています。
●年長/Aちゃん・・・もう毎日練習することはすっかり身についています。
●小1/Kちゃん・・・ひとめでわかるれんしゅうシートで毎日時間をきめています
●小2/Aちゃん・・・ひとめでわかるれんしゅうシートで毎日時間を決めています。

皆さん家でいろいろ工夫してもらえているようで嬉しいです。
また皆さんの練習方法などを記事にしたいと思います。


今日はレッスンで年長のKちゃんがとってもかわいいお話をしてくれたので
ご紹介しますね。(※Kちゃんは一人でレッスンに来ました)

「かなしいワルツ」という曲を弾く前にワルツの説明をして・・・

私「Kちゃんさぁ、最近かなしいこと何かあった?」

K「うん。さっきな~ママにアイスクリーム買ってっておねがいしたら、アカンて言われてん・・・」

私「えー(⋈◍>◡<◍)。✧♡Kちゃんかわいい~」

私「そうかぁ~それはかなしいやんね~でも今日帰りに買ってくれるかもしれへんよ~」
・・・と言いながら買ってもらえなかったらどうしよう(>_<)と内心ドキドキ・・・
Kちゃんはどうかなぁ~と不安な表情

私「じゃぁ、ここにアイスクリームを買ってもらえなかったきもちの曲って書いておくね」
(お母さま、どうぞこのメモ書きを見て下さいという願いを込めて)

そしてKちゃんと悲しい気持ちで連弾してみると・・・
それはそれは悲しい曲に( ;∀;)

そしてなんとこの曲はピカルディ終止(短調で始まるけれど最後の和音だけ長調で終わる)ので
最後にアイスクリームを買ってもらった気持ちになるんです!
作曲された轟先生、天才°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

私「最後でアイス買ってもらえたね~(*^-^*)」と言って花マル!

しばらくしてお母さまがお迎えに来られました。
その時にはKちゃんと他のテキスト曲を弾いていたのですが、

先ほど私がテキストに書き込んだ
「アイスクリームを買ってもらえなかったきもちの曲」と書いたところを見られてお母様が大爆笑!

「こんなこと言ってたんですね(;^_^Aわかった!アイスクリーム買ってあげるわ💛」と!

もうね、私が泣きそうになりました~。Kちゃんよかったね~!
(Kちゃんのレッスン後にお母さまにアイスをお願いしようと思っていたので本当にホッとしました)

確か前回もお迎えに来られたお母さまの深い愛情に私はグッと胸が熱くなりました。
ピアノのレッスンってやっぱりすごく楽しい。

小さな生徒さんの教材には絵やタイトルでたくさんお話ししてから弾くと
音がイキイキとしてきます。だから絵本大事です(*^-^*)

年中のDくんは「ささぶね」という曲を弾きましたが
ささの上のお花がおちないようにそっと水に浮かべる音だよ
というとちゃんと表現できるんです。
鳴らないくらい小さな音で弾いたりする様子がかわいくて💚

ピアノの音色ってこどもの気持ちに寄り添ってくれます(^^♪
やっぱり大好きな楽器です。

何だかとても嬉しいレッスンだったので今日はブログを更新しました。

また書きます~

# by suzunone1111 | 2017-02-23 22:15 | ピアノ

いろいろまとめて!(^^)!

a0349852_13422559.jpg
今週は小6の娘の学校行事や楽器店の役員引継ぎ会があったりで年度末の仕事が一度に
やってきました(;^_^A
途中体調も少し崩れかけたのですが葛根湯で乗り切りました!

レッスンも週末に振替をお願いしていろいろご都合合わせていただきありがとうございます。
とても助かりました。

ようやく今日はホッとひといきの一日でしたので、娘とおひなさまを飾りました。(今年はちょっと遅いかも・・・)
上の娘が生まれてから毎年いろいろな場所に移動しながら飾られているおひなさまです。
飼っているインコもなぜかおひなさまには近寄らないので一安心しています(^^)

季節のものを飾ると心にすこしゆとりの気持ちが生まれます。
毎年決められたことを決められた時期に繰り返すことでこどもたちに
伝えられることがあるのではないかと思っています。

みなさんはもうおひなさまは飾られましたか(*^-^*)



a0349852_13445101.jpg


2月11日(祝)作曲家 轟千尋先生の「おしゃれな響きでこどもたちの耳を開こう」のセミナーに行ってきました。
轟先生のセミナーは2回目。1回目は轟先生と連弾させていただくこともできました。
ずっと前から楽しみにしていたセミナー。作曲者から直接作品の裏話を聞くと指導に気持ちを込めることができます。


a0349852_22460047.jpg

使われたテキストはこれです。教室の生徒さんが使われているテキストもたくさんあります。
導入期の生徒さんに今使っているテキストも轟先生の曲なので、ほとんどの生徒が轟先生の音で育っていることになります。

セミナーの中で「私ね、このファ・♯のところ、すごく好きなんです」と自分で書かれた音に
深い愛着を持たれていることがとても印象的でした。1曲1曲に込められている作曲家の思いを知ることが演奏において大事なことはアルカスコンクールの審査委員長、伊藤恵先生も仰っていました。「誰かより上手に弾くのではなく、作曲者の思いを感じとる力を養うこと」。随分前ですが、NHKのあさイチに出られていた小澤征爾さんは「指揮者は譜面から作曲者の思いを感じたり見つけたりする仕事です」と、仰っていました。ずっと心に残っています。

轟先生は小さい頃からピアノで遊ぶのが大好きでしたと。よく知られている作品や簡単な童謡が轟先生の魔法にかかると途端におしゃれになります。楽しい!素敵!と思える耳がすごく大事ですと。

小さいころからたくさんの響きを聴いて耳を開くことの大切さを改めて感じたセミナーでした。



a0349852_13455377.jpg

帰りに梅田・カワイ店で購入した楽譜。
中高学年の発表会曲は決まり練習もスタートしています。低学年・幼児の生徒さんの選曲に移ります!
また新しい出会いが楽しみです(*^-^*)



a0349852_13463409.jpg


2月中旬ですがまだまだ肌寒い日がありますね。
3歳のCちゃんはお母さまと月3回のレッスンに来ています。

この日は雪の予報だったのかな。
音に合わせて雪の玉をお母さんと投げ合ったり
積み重ねて雪だるまを作ったりして楽しくレッスンしました。

ピアノから離れて音で遊ぶことも大事です(*^^*)



a0349852_13424543.jpg

小2のYちゃんは600曲達成です!
発表会の曲もしっかりと自分の好みで選びました。

レッスンで「これってさ、小人が何している音なんかな~?」と聞いたりすると
どんどんイメージが湧くYちゃん。想像力がとっても豊かです。

他にも100曲達成の生徒さんがおられますがなかなか全員アップできずすいません(>_<)



a0349852_13431384.jpg

a0349852_13433653.jpg

a0349852_13435409.jpg


またまた下の娘が彩都のアトリエ教室「はらっぱ」でいろいろ工作して帰ってきています。
ものつくりをするとピアノも上手になってくるような気がしています。
楽器店で役員をしている先生方の中にも、ものつくりがとっても上手な先生がおられます。

指先・脳・感性 

ピアノと同じだと思います。



そうそう(*^-^*)もうひとつ嬉しいご報告です。

2日前、リトミックから通っている年長のAちゃんのレッスンがありました。
今、交差の勉強をしています。
家でもアップライトピアノを用意していただきとてもやさしいいい音が出せるようになってきました。
身体にも余計な力が入っていなくて脱力もとても上手。

毎週の練習も丁寧です。
「ピアノの練習をすることはもうすっかり習慣ついていて、将来ピアニストになりたいって言っています(*^-^*)」と
お母さまから嬉しいご報告がありました。

交差しながら、交差していない手の音をつなげて弾けるかな?私が1回だけ見本を見せました。

さすがにまだ年長さんだし1回ではなかなかできないだろうなと思っていたらすぐにできてしまいました。
これにはびっくりして・・・

ふと、コンクールにAちゃんとチャレンジしてみたいな!と思いました。

Aちゃんにお話ししてみたら「出たい!」と。
お母さまも「もうすぐ1年生ですしいい勉強になります。上手な人の演奏を聴いてAに頑張らせます!」と
ついて来てくださるとのこと。
一瞬で決まったコンクール出場ですが「楽しかったから、また次も出たいな!」と思ってもらえるように頑張ります。

3年前、当時小6のRちゃんと小3のK君が初めて挑戦した
毎日こどもピアノコンクールにAちゃんが出場します。

RちゃんやKくんの後輩を育てられてとっても嬉しいです。

4月にはオーディションを受ける生徒さんも数名おられます。
「生徒にとって先生は私だけ」にならないようにいろいろな経験を通じて成長してもらいたいです(*^-^*)

# by suzunone1111 | 2017-02-19 13:37 | ピアノ

練習しなさいの前に パート2(^^♪

今日はどうしても追記したいことがありまして(;^_^A


「私(母)はピアノの練習で具体的にどのようにこどもと向かい合ったらいいのでしょうか・・・」

という内容のご質問がありましたので記事にさせていただきたいと思います(^^♪

これは習い始めの生徒さんやなかなか練習が定着しない生徒さんに

お母さまにはおうちで気持ちよく練習できる環境つくりをお願いしたいと思います。
環境つくりとは・・・

●ピアノの練習時間を決める
●「ひとめでわかるしゅくだいシート」を一緒に確認してみる
●ピアノを練習し始めたらテレビを消して集中できるようにする
●できるだけ集中して練習できる状況を作る(下に小さなお子さんがおられる場合はお母さまは下のお子さんに集中する)
●決められた時間に練習できたら褒めてあげる
●ピアノの椅子に座るまでの送りと座り終えた後のお迎えを気持ちよく


練習の付き添いは私がお願いした箇所のみお願いしたいと思います。
横に付き添って細かいことを指導する仕事は私の仕事です。
できなくても何度でも同じことを伝えていきますのでご安心下さいね。
 

年齢に応じて、あるいはお子さんのタイプに応じて
アプローチの仕方はいろいろあると思います。

お母さまがしんどい時はお子さんもしんどいと思っています。
しんどい時は相談にのりますのでいつでもご連絡下さいね。

# by suzunone1111 | 2017-02-10 00:03 | ピアノ

最近のいろいろ(*^-^*)

a0349852_19460514.jpg

今日も彩都は極寒です(>_<)

スマホのお天気予報に雪だるまが1つ増えている(*_*)
何やら土曜日まで雪のようです~

移動の予定のある方、どうぞお気を付け下さい。

さて、私の平日の午前の過ごし方は
家事を終え、こたつでコーヒーと甘いものいただきながら
仕事のこと・家のことなどを振り返ります。

その時間にお母さま方からポツポツとメールが届きます。
できる限りすぐにお返事するようにしています。

●今日は小1のMちゃんのお母さまから
「宿題曲のテンポを教えて下さい♪」

●小2のYちゃんのお母さまと
姉弟でのテキストの使いまわしの相談

●昨日お休みされた小2のSちゃんのお母さまと
発表会曲をスキャンで送信

●先ほどの記事の年長のMちゃんのお母さまからは
練習時間を親子で決めていきます~と


おうちで見守っていただいていると思えると
私もがんばることができます。
お母さま方、今後ともよろしくお願い致します。



節分が終わり、次はひな祭りです。
玄関に使わなくなったマフラーを毛氈にして
セリア(たしか3年くらい前のモデル)の豆びなを飾りました。

2月に入り、おかげさまで体験レッスンのお問合せが増えてきました。
いつもいろいろな方にブログを読んでいただけていることに
感謝の気持ちでいっぱいです。
定員枠いっぱいになりましたので急ではありましたが
一旦生徒募集をおやすみさせていただくことにしました。


調整後、少しレッスン枠が出てくるかもしれませんので
またブログでお知らせ致します。


今月に入り小1のKちゃんがご入会されました。
先週は年中のSくんがご入会です。来週はSくんのお姉ちゃんのSちゃんの体験があります。
新しいご縁を大事にしていきたいと思います。


ピアノを習うということはたくさんのメリットがありますが
毎日根気強くものごとをこなす力を育てるということでもあります。
お約束の時間を守ったり、先生との約束を守れるようにしたり
音楽という素晴らしい芸術を通してたくさんのことを身に着けることができます。


週に1回だけ通うだけでピアノという習い事のすばらしさは語ることができないのです。


レッスンではテクニック・練習の仕方・音の感じ方をお伝えします。
それらを身に着けて上達させるためにはおうちで練習するしか方法がないのです。


「うちは楽しく続けられたらいいんです~」


と仰って入会を希望される方がたくさんいらっしゃいますが
楽しい!と感じるのは上手になるからなのです。


「生きていく力になるピアノのレッスン」をお子さんにお届けできるように
これからも勉強していきたいと思います。


今週末は大好きな作曲家の轟千尋先生のセミナーに行ってきます。
大きな楽器店に行きますので、低学年・幼稚園の生徒さんの発表会曲を
仕入れに行ってきますね!


高学年の生徒さんは選曲がおわりました。

新年度が始まるまでに譜読みをがんばるのだ~( ^)o(^ )

# by suzunone1111 | 2017-02-09 13:33 | ダイアリー

練習しなさいの前に(^^♪

a0349852_19470286.jpg

先日記事にしました「ひとめでわかる しゅくだいシート」です。
小2のAちゃんがレッスン後に「ここで書いて帰る~」と言うので
次の生徒さんのレッスンをしながら様子を見ていました。

細かくチェックする時間がなかったのですが
自分で決めたことを守るのはとても気持ちがいいことです。
来週のAちゃんのレッスンが楽しみです。

レッスンに来て何度も同じ注意をされないように
一工夫してみるといいですね。

昨日年長さんのMちゃんがお母さまとレッスンに来られました。
他の教室から移って来られて5か月になります。
譜読みもだいぶんできるようになってきました。

いつもよく練習できているのでお母さまに
「Mちゃんの練習の具合はいかがですか?」とお尋ねしたら
「なかなか自分からはしないので叱ってしまうときがあります」
と。

「えー(;^_^A」
そ、そうなんですね・・・
レッスンではとても楽しそうなので
おうちの練習も落ち着いてきたのかなと思っていましたが
何でも聞いてみないとわからないものですね(;^_^A

そこで
お伝えしました。

なかなか自分から練習する習慣が身に付かない生徒さんにはオススメです。

「あの子はいつになったら練習するんだろう」
と。お悩みの方。

こどももいつ練習したらいいのかわからないから
ついつい楽な過ごし方をしてしまうのです。

何時になったらピアノをすると決め、どれくらいで終わるのかのゴールを
設定してみて下さい。もちろん時間だけが大事なわけではなく練習の質もものすごく大事なのです。
むしろ質の方が大事なのですがそこはハードルをぐっと下げて。
練習の習慣をつけてあげることが大事かなと思います。

(うちの娘は小4・6で各30分です。本当はもっとしないといけないのですがよほどの理由がない限りは毎日します)

ここでの大きなポイントはお子さんと一緒に決めることです。
我が家はお風呂に入る時間もすべて決まっています。
これで姉妹で「先に入り~や~」「え~Mが先は入り~」ともめごともなくなります。お風呂も入ってしまえば気持ちがいいですが
入るまでは少々面倒ですもんね^^;

こどもがこの時間なら無理なく練習できる!と自覚して
そこから約束を守る様にしていきます。

そして約束はわかりやすく紙に書いてリビングに貼るといいと思います。

守れていたら褒めてあげて下さいね。

守らない場合は叱って下さい!
そこでお母さまは初めて叱っていいと思います。

レッスンも練習もこどもにわかりやすく伝えていくことで
ちょっとしたストレスがなくなっていく気がします。


# by suzunone1111 | 2017-02-09 12:51 | ピアノ