suzunone

suzunone11.exblog.jp

Sちゃんがオーディションに合格しました!

a0349852_11305656.jpg
合格の賞状・成績表です
私からは審査員の先生のコメントをまとめたカードを渡しています

a0349852_11120646.jpg
こちらの画像は実際のオーディション会場です。見ているだけで緊張しますね(;^_^A


小3のSちゃんが4月2日、千里中央第一楽器にてオーディションを受験し、合格しました(((o(*゚▽゚*)o)))。
慣れない場所での演奏でしたがとてもよくがんばりました。
おめでとうございます!

オーディションは年に1度、どのくらい上手になったかを審査員の先生に聴いていただきます。
審査項目はフォーム・読譜力・リズム感・バランス・強弱などがあり丁寧に審査をして下さいます。

Sちゃんは発表会の曲とのかけもちでしたので、負担にならないように冬休みから少しずつ練習していました。
7級はかなり余裕のある級での受験でしたがレッスンでの注意を
きちんと次の週までに練習してくることができていました。

本番では1オクターブ間違って弾いてしまった曲もありましたが
良い流れで丁寧に演奏できていると審査員の先生にコメントをいただくことができ
よい成績で合格できました。

オーディションの日がSちゃんのお誕生日と近かったこともあり
帰りはランチとスイーツのデラックスコースのご褒美があったようです!がんばった後だし、きっとすごく美味しかったと思います。

小学生以上の生徒さんにオススメしていますオーディションは
練習の励みにもなり、人に聴いていただくことで世界も広がります。
ピアノは孤独な習い事な分、アウトプットなラインをいつも意識できるといいと思います。

生徒さんには秋に受験のご案内をお配りします。
発表会後の成長を目に見える形で残しておくとよいと思います。

ぜひ、みなさんチャレンジしてみて下さいね~(^^♪





# by suzunone1111 | 2017-04-14 11:35 | ピアノ

新年度スタートしました!

a0349852_09520801.jpg

桜の花が新年度のスタートをほんわかと見守ってくれています。
いつもブログを見て下さってありがとうございます(^^♪
今年度も生徒さんが大きく成長できるように頑張ってレッスンします。応援どうぞよろしくお願い致します。

春休みが終わり、ようやく上の娘が中学校に入学しました。
4月に入りモーレツな仕事量にアタフタな毎日でしたがようやくひと段落しましたので
ようやくブログが更新できます!嬉しすぎます(>_<)

a0349852_09531983.jpg
こちらの画像はとうとうスタートしてしまった上の子のお弁当生活初日のものです。
生協の冷凍食品もしっかり使っています♪
トマトが苦手な上の娘なので赤も効いています。

アフタヌーンティーのお弁当箱はお友達のamiさんからいただきました。
洗うパーツが少ないので使いやすく、洗いやすく(食洗機ですが・・・)量もちょうどいい感じで娘も私も気に入っています。

お弁当に欠かせないグリーンをいつも用意しないといけないので
ベランダ菜園でも始めようかなと思ったり(;^_^A

今年は中学校の入学式と小学校の始業式が重なっていたので
毎週月曜日の楽器店勤務をお休みさせていただきました。

恒例の体操服のぜっけん付けと翌日までに提出のプリントを予想していましが
はいΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン予想通り・・・いや予想以上のプリントを持って帰ってきてくれました↓

a0349852_10070378.jpg
※こちらの画像はは新小5生と新中1生、2人分のプリント量です・・・ご参考までに(;^_^A


やばい量ですよね~( ̄▽ ̄;)
2人分でこの量ですからお子さんが3人とか4人の方は一体どうするんだ・・・と気が遠くなる中、
まだ本格的に勉強がスタートしていない新中1生を集めて第3回目の連弾練習がスタート。
なかなか一人では練習が難しい曲なので週末に集まってやや同窓会のような練習会をしています。
とっても楽しそうなのでこの雰囲気が発表会でも皆さんに伝わると嬉しいです。


a0349852_09594993.jpg

私はといいますと、みんなの音を聴きながらリビングでひたすらゼッケン付け。
イヤヤナーメンドクサイナーと思った時には何か楽しくなる工夫をしたいのですが
ゼッケン付だけは何年やっても楽しさが見出せません(T_T)
どなたかいいアイデア教えて下さい・・・

ひとまず、皆さまも新年度の準備お疲れ様でした。

では、今から溜まりに溜まったニュースを順番に更新していきますね~


# by suzunone1111 | 2017-04-14 10:56 | ダイアリー

Aくん100曲達成 と Sちゃんのひとめシート

a0349852_19042250.jpg

もうすぐ年長さんになるAくん。
コツコツと毎日練習しているのがよくわかります!
100曲達成カードも日めくりカレンダーのようになりたくさんたまってきました。
「うたとピアノの絵本」右手を終え、今は左手に。ユニゾンで両手練習するようにもしています。

ちいさな生徒さんに次々とテキストをご購入いただいています。
馬場マサヨ先生の著書の中に下記のような下りがあります。

私はいろいろなところで「譜よみトレーニングの勧め」をお話ししているのですが、楽譜代がかかるからおうちの人に勧められないと
いう先生方のご意見を聞くことがあります。確かに1冊1000円〜2000円の楽譜を読譜力を育てる2〜3年の間に20冊購入すると約3万円の出費となります。でもこの3万円は価値のある投資です。1年に換算して1万円、1ヶ月で1000円程度の投資で確実に読譜力を獲得しピアノが楽しく弾けるようにになるのです。

…という内容です。
馬場先生は生徒さんにとって譜よみに無理のない曲を1週間に10曲くらい宿題に出されるそうですが、私のレッスンでは10曲を宿題に出すのは難しいので音符カードで代用しています。長い間トレーニングしていると、だんだん飽きてくる生徒さんもおられますが、ぜひ地道な努力を続けて下さいね。


a0349852_20153164.jpg

「ひとめでわかるれんしゅうシート」を上手に活用しているSちゃん。お父さまがピアノの練習に時々お付き合い下さっているとのことです。お忙しい中あたたかく見守っていただきありがとうございます(*^^*) 

まだ習いはじめて間もないSちゃんは連弾で音楽の楽しさをたくさん味わって最近テクニックの本に入りました。
最初はカチコチに身体が固まっていましたが、ピアノの楽しさを十分味わった後にテクニックに入ると、不思議なほどにストンと身体の力が抜けているのがわかります。

いつもしっかりと自分の意見や考えを言えるSちゃんの成長が楽しみです(*^^*)

# by suzunone1111 | 2017-03-30 07:08 | ピアノ

第22回 ヤマハピアノフェスティバルin茨木に参加しました

a0349852_21473320.jpg

春休み、みなさまいかがおすごしですか(*^^*)
あたたかくなってきたので、春のお洋服が欲しいなぁ〜とか、万博の陶器市に行きたいなぁ〜、とかいろいろと思っています。

娘たちとまだまだ本格的に新年度の準備
に入っていない我が家です。早くスッキリしたいなぁ。みなさんはもう済まされましたか(*^^*)

昨日はヤマハピアノフェスティバルin茨木というコンクールが茨木福祉文化会館でありました。フェスティバル部門でしたので、年齢別に自由曲1曲でのエントリーです。

娘のピアノの先生に声をかけていただき下の娘(4年生)が初めて参加しました。
3・4年生の部(参加者15名)
最優秀賞1名 優秀賞2名 奨励賞4名
で優秀賞をいただくことができました!嬉しいです!

曲は昨年の発表会で演奏したシューベルトD593-1のスケルツォです。発表会の時も娘なりに精一杯努力したので、よい仕上がり具合だなぁと思っていましたが、昨年冬休みからもう一度温め直しをして
今回のコンクールに挑みましたら完成度が上がりました。

先日、久しぶりに発表会での演奏をビデオで観てみました。
発表会の時よりテンポ、ペダリング、フレーズ、メロディーの感じ方、ハーモニー感…いろいろな面で良くなっていました。中浜先生の熱意あるご指導のおかげだと思っています。

今回一番勉強になったことは「自分の音をよく聴く」ということだったと思います。私も久しぶりに娘のレッスンに2ヶ月ほど付き添い一緒に勉強させていただくことができました。
 
上手になるためには言われたことを一週間でどれだけできるようになっているかが大事なので、宿題を溜めないようにコツコツ毎日30分集中練習しました。

もう、すっかり指が動く曲だし楽譜を見ないでも演奏できるのですが、楽譜に書いてある注意が読める速さでゆっくりと弾いていきます。脳に刷り込んでいきます。

「もう弾けるしな〜」という気持ちの時にでも初心を忘れないで練習することが何より大変なことでした。そして「スケルツォ」ですので、楽しく、滑稽に、そして、聴いている人も弾いている自分も楽しくなるようなテンポが大事なので、刷り込んだ後はテンポを上げて練習します。

毎日の練習は娘がまずは自分で練習してみて、最後の10分ほどで私が聴くようにしました。先生から言われたことができていたらOKだしできていなければ一緒に練習に付き添います。

その繰り返しで2ヶ月間毎日がんばりました。

本番は自分が練習してきたことが、だいたい演奏できたらいいから、賞は気にしないでがんばりなさい。と。 
 
とは言え、子どもなのでやっぱり賞は気になるようで本番が近づくにつれてソワソワソワソワ(^_^;)

本番はだいたい練習通りに演奏できました。演奏後、中浜先生にも褒めてもらえて本人も満足して客席に帰ってきました。

まもなく中1の上の娘は客席でなんちゃって審査員をしていました。

一時間待っての審査発表!

もうやるだけのことはやったし、後は運に任せるしかないやん〜といいながら楽屋で待機。

舞台で表彰されるので、ドレスのままいた方がいいのか、普段着に着替えた方がいいのかもわからず、脱いだり着たりを繰り返しながらの一時間…

いよいよ発表!
審査員の先生はピティナの審査員として有名な中田元子先生と大阪音楽大学ピアノ科講師の小出ひろみ先生でした。

娘は奨励賞をもらえたら満足と思っていた様で奨励賞4名の発表が終わった時点で撃沈_| ̄|○ il||liしていました。

続きまして…優秀賞の発表です。自分名前が呼ばれた時はもう本当にびっくりしていて最高に喜んでいました。私も娘の頑張りと先生への感謝の気持ちで胸が熱くなりました。
そして更に嬉しいことに最優秀賞も中浜先生の先生さんでした。妹さんも幼児の部で優秀賞を受賞されていました!

トロフィーと賞状を中田先生からいただけて娘も誇らしげで「また来年コンクールがんばる!」と言っていました。

コンクールの経験は日常では味わえないことをたくさん教えていただける場だと思っています。
ピアノを通して子どもたちに伝えられることは無限大だと改めて感じました。

ご指導いただきました中浜さとみ先生、娘の練習を応援して下さったピアノの先生仲間。当日聴きに来て下さったKさん親子さま、お世話になった方々本当にありがとうございました。

コンクールの経験を生かして、私も気を引き締めてレッスンをがんばります!

まだまだ書きたいことはたくさんありますが、長文になりますのでまた追記したいと思います(*^^*)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

# by suzunone1111 | 2017-03-29 21:46 | ピアノ

ありがとうの6年間(*^-^*)


a0349852_09142606.jpg
左よりHちゃん、娘、Yちゃん、Kくん、Mちゃん

先週金曜日は上の娘の卒業式でした。
体育館は寒いかな(;^_^Aと心配していましたが、お天気にも恵まれて比較的あたたかい一日でした。

一人一人が舞台で将来の夢を宣言します。
221名分の将来の夢をしっかりと聞いてきました。
娘の夢は
「人の心をあたたかくするようなイラストレーターになります」でした。

成長と共に、夢は少しづつ形を変えていくかもしれませんが
人生の節目において何かを誰かに伝えておくことは大事なことだと思います。


ちなみに私の小学校の時の宣言は
「一度自分が決めたことは最後までやり遂げ、目標に向かって突き進んでいきます!」でした。
これを清水焼の湯飲み茶わんに書き込んだので今でもよく覚えています。

目標をもって毎日を大事に過ごすことでまた明るい道が見えてきます。
Yちゃんは「幼稚園の先生になる」
Mちゃんは「デザイナーになる」
Hちゃんは「作家になる」
Kくんは「音楽にかかわる仕事につきたい」
と宣言していました。
みんなの夢のそばにこれからもピアノがあるといいなと思って聞いていました。

校長先生のご挨拶はみんながこれから頑張ることと同時に
しっかり休むことも大事ですとおっしゃっていました。
シンプルな言葉でしたが、深い意味を感じました。

そうそう・・・
卒業式では上の娘がびっくりするほど泣いていたのです。
はい…それはもう親が驚くほど!
たぶん学年で一番泣いていたと思います(;^_^A

よほど小学校生活が楽しかったのかな。
いいお友達や先生方に支えられて
たくさんの思い出を胸に6年間の幕を閉じました。
お世話になった皆さんありがとうございました。


翌日は我が家で「卒業を祝う会」を開きました。
その時の画像がこちら(*^-^*)

ティラミス作り(^^♪

a0349852_09140971.jpg
ビスケットを牛乳に浸しています。
みんな牛乳を手で触るのにびっくりしていましたが、「指先の感覚は大事やねんで〜」と全てをピアノに繋げる私(笑)

a0349852_09135479.jpg
持ち寄りの生クリームにココアパウダーでチョコ味に。
ビスケットに生クリームを重ねて…

a0349852_09134021.jpg

ひとりこれだけお持ち帰り(^^♪ご家族への感謝の気持ちを込めて(⋈◍>◡<◍)。✧♡

a0349852_09121031.jpg

a0349852_09130038.jpg


そしてオリジナルホワイトボードを作りました(^^♪
みんな真剣です!「丁寧に塗ることはピアノを弾くのも一緒やねんで〜」とまた(笑)

a0349852_09115639.jpg


気心の知れた仲間との時間はあっという間で
みんな「帰りたくなーい(>_<)」と言っていました。
楽しんでもらえてよかったです。

6年間の締めくくり。いろいろと神経を使っていた6年生。
リフレッシュできたかな!
本当にお疲れさまでした。

そして、6年間いろいろな思いで支えて下さったおうちの方々。ありがとうございます。

ピアノという習い事はなかなかすぐにゴールや結果が出ないので
こどもたちにとってはなかなか難しい習い事といえます。

おうちの方には、生徒さんたちがくじけそうになったときも、私の行き届かない指導の時にも
いつも力になって下さいました。
決して人と比べたりせず、素直な心で親子でついて来て下さったことに感謝したいと思います。

ブルグミュラー25の練習曲の1曲目は「素直な心」というタイトルが付いています。
9歳の壁という言葉があったりしますが
ちょうどそのころにブルグミュラーのテキストが使われます。
ピアノや物事に対して大きな壁が現れたときに
ブルグミュラー先生は「素直な心」でこどもたちに何かを伝えたかったのかもしれませんね。


さて、高学年チームはだんだん発表会曲の練習が進んできました。
みんながんばっています。

去年の8手連弾、轟千尋先生の「ともだちになるために」
が好評でしたので今年もやります!8手連弾。

春畑セロリ先生の「星にまつわる物語」です♪
乞うご期待下さい(^^♪














# by suzunone1111 | 2017-03-23 13:47 | ピアノ