suzunone

suzunone11.exblog.jp

HOPPEリトミック・ピアノ教室 発表会 

a0349852_18025891.jpg
a0349852_18031332.jpg

台風の影響で仕事やこどもたちの習い事が休みになり、家族で一日過ごしています。

昨日、江坂HOPPEリトミック教室、林先生主催の発表会が豊中でありました。
私はピアノクラスの生徒さんの足台やペダル準備のお手伝いをさせていただきました。スタインウェイ・フルサイズのピアノでの発表会。素晴らしい音色でした。

まだまだお母さんと離れて一人で舞台に立つことも難しい小さな生徒さんが自分の役割をしっかり果たしていてとてもかわいらしかったです。
リズムの聞き分けや音の高低をしっかり普段レッスンされているのだなぁと思いました。

こどもたちがお友達やお母さんと遊びながら音と触れ合えるリトミック。素敵な習い事だなと改めて思いました。

ピアノ発表会のお手伝いをさせていただくのも今年で3回目になります。もう顔なじみの生徒さんもいて♪困ったことを聞きにきてくれたりします。

印象的だったのは林先生が舞台袖で一人一人の演奏を聴いておられますが
みんな終わったらひとまず林先生に何かを伝えたいようで傍から離れないで一生懸命思いを伝えていました。
林先生と生徒さんとの信頼関係がとても印象的でした。

リトミック発表会とピアノ発表会の2本立てだった林先生、本当にお疲れ様でした。
生徒の皆さん、親御さんもおつかれさまでした。
また来年に向けてがんばって下さい。

林先生とは今日のメールのやりとりの中で
「やっとランチに行けるね~!」とか
「クリスマス会の連弾何弾く~?」とかそんな話をしています。

お互い身体に気を付けてこれからもがんばろうね~(^^♪

# by suzunone1111 | 2017-08-07 16:36

第15回 毎日こどもピアノコンクール 予選



a0349852_21072058.jpg


今日は1年生Aちゃんのコンクールデビューでした。
中1の生徒、Kくんがコンクールデビューしたのは今から4年前。
小学3年生の毎日こどもピアノコンクールでした。

Kくんに憧れてピアニストを夢見るAちゃんがエントリー部門でギロックの「おもちゃのダンス」を演奏し予選通過しました。Kくんもギロック「祭り」でデビューしたことを思い出し、とても懐かしく思いました。

毎週のレッスンでは曲のイメージや弾き方をAちゃんに伝えますが
Aちゃんはその場ですぐにイメージして音にする力があります。

今日の演奏も練習通りでとてもよく演奏できたと思います。
大舞台でいつも通り演奏できることはとても難しいことなのです。
まだまだ小さなAちゃんが長い期間同じ曲を練習するのはそれだけでも大変なことですが
暑い中、毎日練習をよくがんばったと思います。おうちの方のご協力に心より感謝致します。
Aちゃん1か月後の本選に向けてまた一緒にがんばろうね(*^-^*)


a0349852_21252956.jpg

封筒での結果発表(((o(*゚▽゚*)o)))
合格証を私が側で読んであげたらにっこり笑顔!




a0349852_22010158.jpg
合格証と一緒に記念写真(⋈◍>◡<◍)。✧♡



コンクール参加で私が大事にしていることはいつも同じで
「またコンクールに出たいな!」
と生徒さんが思えることです。
大変すぎたり苦しすぎたりは後に続かないので、
賞がとれてもとれなくても上手にコンクールとお付き合いしていくことが本当に大事です。

そして人に勝つ音楽ではなく音をより深く楽しむこがコンクールだと感じています(*^^*)






# by suzunone1111 | 2017-07-31 21:06 | ピアノ

湿度とピアノ

今日も暑い一日でしたね〜
実はジメジメとしたお天気はピアノにとっても負担がかかるのです。

我が家のピアノですが、雑音が混じる音やペダルを踏んでいないのに残る音があり
ずっと気になっていました。レッスンでも気になっている生徒さんがチラホラ…。

日頃お世話になっています調律の田中さんからのご紹介で、
大きなホールなどの調整・調律を手掛けておられる調律師の岡井さんに今日は来ていただきました。
午前中大阪音大のプレミアムホールのピアノの調律をされていたということです。

a0349852_04152351.jpg


a0349852_04183503.jpg

我が家はヤマハC2のグランドピアノで、購入から15年になります。
教室ではアコースティックピアノをお使いの生徒さんが増えてきましたので
「アコースティックピアノのメンテナンス」についてお伝えしたいと思います。

a0349852_04272187.gif

■国産のピアノは比較的湿度に強く作られています。
ピアノの近くに湿度・温度計を置きましょう。
湿度が50パーセント・気温は26℃くらいまでに保つのが長持ちの秘訣です。
人間が快適と思う気温や湿度がピアノにとってもよいということです。
この時期ですと除湿器があればよいということです。

■ピアノ内部は木で作られた部分が多く、一度湿気を含んでしまうと技術者の手を入れないと
改善されないそうです。我が家のピアノは湿度によりハンマーの動きが少々鈍くなっていました。
9月のリフォーム後に一日かけてメンテナンスにかけて調整・内部の掃除をしてもらうことになりました。

■ドライ機能を一日中かけるのは乾燥しすぎになりますので、気をつけましょう。


ピアノは生き物を飼うのと同じです。
長生きしてもらうために日頃のメンテナンスをこまめにしましょう(*^-^*)

夏休み、生徒の皆さんには暑い中レッスンに通っていただいています。
急なお天気の変化などの場合は必ずおうちの方に確認してご帰宅いただいています♪

# by suzunone1111 | 2017-07-30 23:26 | ピアノ

夏休みに入りました(^^♪


a0349852_07215749.jpg

夏休みに入りました。
毎日暑いですね~
あまりにも暑いので涼しい画像からアップさせていただきました~♪

ここ数日、こどもたちがもらってきたたくさんのプリントに目を通したりレッスンスケジュールを見直したりしていました。

そして、長い間お待ちいただいたピアノクラスの体験レッスンやご見学も今週ありました。
発表会にも聴きに来て下さった年中のSちゃん、O様からのご紹介で年長のSちゃん、1年生のKちゃん
の3名のご入会で新しい仲間が増えました。みなさん、よろしくお願い致します。

尚、生徒募集はリトミッククラス・ピアノクラスともに定員に達していますので一旦おやすみさせていただきます。次の募集はブログにてご案内致します。


a0349852_07035421.jpg
線と線に挟まれた音符を「間」といいます。
体験レッスンで年長のSちゃんに「真似してみて~♪」というと
このポーズΣ(・ω・ノ)ノ!かわいすぎるっ(⋈◍>◡<◍)。✧♡




これから長いお付き合いになるといいなと思います。
どうぞよろしくお願い致します(^^♪


発表会の写真が出来上がったようです。
来週にはお渡しできると思いますので楽しみにお待ち下さい。

a0349852_07482232.jpg
※A3用紙・両面にギッシリです(*^-^*)


今週、皆様からいただいた発表会を振り返ってのコメントをまとめて
生徒さんにお渡ししました。
小さな生徒さんのかわいいイラストから高校生まで幅広い内容で
お届けできました。お忙しい中、心のこもった感想をご記入いただきありがとうございました。

発表会が終わり、通常レッスンに戻るとホッとします。
私がホッとできる一番の理由は「知っている教材に戻ることができるから」です。

発表会は楽譜を買い込んだり演奏会やセミナーに足を運んで冒険します。
当然ですが私も教えたことのない曲にも出会います。
知らない曲との出会いは本当にワクワクするものですが選曲してから勉強が必要なので
とっても時間がかかってしまいます。
でもその分収穫もあり、今年も発表会曲を通じてたくさん勉強させていただくことができました。
また来年の発表会に向けてのアンテナを張り巡らせようと思います。


さて、ここで教室でのニュースをいくつかお知らせしたいと思います(*^-^*)


●まもなく1年生のAちゃんが毎日こどもピアノコンクール予選に出場します。
レッスンでは最終の細かい注意をしています。Aちゃんは私がレッスンで伝えたことを
その場ですぐにできる力があります。いい演奏ができるといいなと思います。


来年コンクールに出てみよう!という生徒さんがおられます。
今年はコンクールの見学をしてゆっくりじっくりと課題に取り組んでいきます。


●秋に第一楽器主催のオーディションがあります。
学校の定期試験や習いごとのグレードテストのようなもので趣旨はコンクールとは異なります。
小学生以上の生徒さんに勧めています。
年に一度、私以外のピアノの先生に演奏を聴いてもらいステップアップを図ります。
教育効果の高いものですのでぜひ積極的にチャレンジして下さい。


●中学生以上の生徒さんがピアノを続けるのにはいろいろな目的があると思います。
中学校の入学式で下のようなことを校長先生がおっしゃっていました。

「中学に入ると勉強がぐっと専門的になり難しくなります。
そして3年間で自分の好きなことや将来になりたいものを見つけていかなければなりません」

でも、私が中1の頃に将来を意識していたかと言われるとそんなこともなかったのですが^^;
音楽にかかわる時間は夢中になれる時間でした。
私にとっての好きなことは「音楽」。そしてモノを作ることも好きでした。

好きなことに出会うまでは何でも前向きに一生懸命に取り組むことかなと思います。
何か一つに自信が持てるようになるとほかのこともグングンと伸びてくるしなやかさが
子どもたちには備わっていると思います。

中学生がレッスンに来ると、忙しい生活の中でピアノを続ける意味をいろいろと考えるようになりました。

音楽とかかわる仕事がしたいKくん。
幼稚園の先生になりたいYちゃん。
結婚したら家にピアノを置きたいHちゃん。
好きな曲が弾けるようになりたいMちゃん・・・。

少しでも音楽にかかわる仕事がしたいなぁと思っている生徒さんは
ソルフェージュ・楽典・聴音・伴奏付け・歌唱などを
早くから長期間にわたりトレーニングしていく必要があります。
レッスンでは少しずつ将来を見据えたトレーニングを始めています。
みんなの将来に役立てるようなレッスンができれば嬉しいです。




●Sちゃんまたまた100曲達成しました!
a0349852_07031082.jpg


こつこつと練習をがんばるSちゃん。とてもきれいな音色でピアノを弾くことができます。
音符カードで読譜力も上がってきました。バロック曲が好きなようです(*^-^*)




●Kちゃんのピアノが届きました!
a0349852_07033434.jpg

昨日、1年生のKちゃんのご自宅にピアノが届きました!
ピアノも素敵ですが置いていただいている場所も素敵です°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

お母さまより
「ピアノが届きましたー!やはりピアノはいいですね。この間何台かのピアノを聞かせてもらったのですが
それぞれのピアノによって音の響き方が違うんですね。うちにきたピアノはとってもやわらかいやさしい音のような気がします。」
とメールをいただきました。
Kちゃんのピアノライフが豊かなものになるようにお手伝いさせていただこうと思います。





●リフォームに向けて

a0349852_06344533.jpg

9月にレッスン室のプチリフォームをします。
壁紙や床材などを選んでいますが、納得いくものに決まるまで時間がかかりそうです(;^_^A
皆さんに喜んでいただけるレッスン室になるようにじっくり考えて進めいきたいと思っています。



# by suzunone1111 | 2017-07-23 12:19 | ピアノ

補助台・補助ペダル・アシストセットは大事です♪

ピアノはもともと、西洋の民族楽器です。
西洋の男性が演奏する楽器を、サイズ展開なしで小さな子どもが
演奏するわけです。わかりやすく言えば大人サイズの自転車を小さな子どもが運転する、というイメージです。

バイオリンは身体のサイズに合わせてサイズ展開がありますがピアノはないのです。だから小さな生徒さんがピアノを演奏するにはたくさんの工夫が必要です。鍵盤の幅や重さも大人と同じなので子どもにとって負担の大きい楽器といえるでしょう。

従って、練習の時にはいろいろ準備が必要です。身長に応じて
補助台やアシストセットを必ずご用意いただきたいと思います。

下記サイトをご参考にしていただければと思います。
発表会で使用させていただいた足台やアシストセットが目安となります。何を買えばよいのかわからないという方はご相談下さい。
 
a0349852_05370124.jpg

最近、レッスンで生徒さんに姿勢の話しをすることが多いのですが背中をまっすぐ伸ばして腰の上にきちんと上半身を乗せるとやはり音もよくなります。そしてグラグラと動いたりもたれるような姿勢で演奏しないように気をつけます。
ピアノは、止める(身体の支えや指の付け根など)と、動く(手首や指など)を上手に使い分けることが大事です。



# by suzunone1111 | 2017-07-15 05:15 | ピアノ