ブログトップ

suzunone

suzunone11.exblog.jp

発表会 終わりました!(その6)

おはようございます(^^♪
余震の心配も日に日に薄れ
普通に過ごせることのありがたさを感じています。
このまま何も起こらないことを願うばかりです。

a0349852_23092855.jpg
継続10年のトロフィーの画像をYちゃんのお母さまが送って下さいました。
ありがとうございます!(^^)!
皆さんがとても喜んで下さって私も嬉しいです。
20年賞を狙っている生徒さんもおられます(笑)
10年には届かなくても長い間、根っこをしっかり張っている生徒さんもおられます。
それぞれの生徒さんに今までの思いが溢れる場が発表会です。



昨日もたくさんブログにアクセスして下さりありがとうございます。
実は昨日一日、発表会で起こったペダルのアクシデント対応をしていました。

ありがたいことに親御さん、生徒さんからのクレームは全くありませんでした。
いつも何時も優しい受け止め方をしていただき、感謝しかありません。

前の記事や林先生のブログにもありますように
中学生の演奏にダンパーペダルを踏んだ時に雑音が入りました。
踏みかえごとに「キーキー」という音が鳴りました。

原因はペダルを支える柱が折れていたことです。
発表会後にホール専属の調律師さんが来られ
見つけられました。

舞台袖で全員の演奏を聴いていて
中学生以外の一部の生徒さんでもある特定の音に雑音が入るなぁとも
感じていたのですが本番は調律師さんも不在で処置もできませんでした。

中学生の曲はペダリングも大変複雑で
レッスンでも最も時間がかかったところなので、
本番、雑音の混じった生徒の演奏を聴くのは大変辛かったです。

一昨日・昨日でホールの方とじっくり話をさせていただきました。
特に症状が顕著だった中学生の家に私から経緯を全てお話し
その後、ホールの方から中学生生徒の家に謝罪の電話がありました。

ホール側からはせっかく長い間練習されてきたのに本番ご期待に応える環境が整えられなかったことへの謝罪と
同じ過ちを繰り返さないようにということでお話があったようです。
保護者・生徒両方に謝罪してもらいました。

中学生以外でも柱が折れていたことによって
何らかの影響があったと思います。

発表会当日のピアノには
みんなの思いが吹き込まれます。
長い長い努力が音となるので
ピアノは万全でなければいけないと思っています。
そのために調律は欠かせません。

今後この様なことが起きないように
メンテナンスを徹底してもらうことを伝えておきました。

その他、気づかなかったことで何かありましたら
またご報告下さい。
迅速に対応させていただきます。

by suzunone1111 | 2018-06-21 09:04 | ピアノ
<< 発表会 終わりました! (その7) 林先生のブログ リンクします♪ >>